位置ずれ系のアーチファクト

スポンサーリンク

モーションアーチファクト

試12-22、5-12

・原因:
患者の体動(眼球や嚥下運動)
呼吸運動
血管・脳脊髄液・心臓の拍動
腸管運動

位相エンコード方向に出現

・対策:
呼吸同期
飽和パルス(プリサチュレーションパルス)の印加
位相エンコード方向を変える
流れ補正用の傾斜磁場(リフェーズ用傾斜磁場)を印加
信号加算回数を増加する

折り返しによるアーチファクト(エリアシングアーチファクト)

試14-36、12-20、11-8、11-28、11-36、9-31、8-31、5-20、2-2、2-14、1-2、1-14

参考PDF

・発生:
FOVより外の組織が折り返す
どの方向でも発生する
位相エンコード方向で目立つ

・原因:
データサンプリング間隔が広すぎる
被写体がFOVよりも大きい
エイリアス信号
サンプリング間隔が標本化する周期の半分より大きい

・対策:
位相エンコード数を増やす
FOV外側への飽和パルス(プリサチュレーションパルス)の印加
FOVを大きくする
SENSEアルゴリズム(パラレルイメージング)法
Rファクターを小さくする
位相エンコード方向のオーバーサンプリング
表面コイルの使用
位相エンコード方向を変える

○Lip likeアーチファクト

FOV中央部の唇のような形をしたアーチファクト
・原因
パラレルイメージングでの折り返し

・対策
折り返しアーチファクトと同じ

~ナイキスト理論~

・標本化する周期T≧2ΔTs
ΔTs:サンプリング間隔
ナイキスト周波数:サンプリング周波数の半分の周波数

・周波数の1周期あたり2回以上サンプリングすると、その波の周波数を正しく認識できる

データ打ち切りアーチファクト(トランケーションアーチファクト、リンギングアーチファクト、ギプスアーチファクト)

試12-24、11-28、7-29、6-22、5-25、3-31、3-32、2-7、2-14、2-21、1-19、1-14集中講習P75

・原因
2次元フーリエ変換時にサンプリング数が有限である
時間的な制限のため、無限に高い周波数成分で近似できないため

・発生
信号強度の異なる境界に縞目状に発生
両方向に発生する
位相エンコード方向で目立つ

・周波数の1周期あたり2回以上のサンプルを収集すると、その波の周波数を正しく認識できる

・対策
 1.空間分解能をくする
 「ピクセルサイズを小さくする(マトリクス数を増やす) ( FOVを小さくする)
 「位相エンコーディング数を極端に減らさない
 2.データサンプリングを増や
 「バンド幅を狭くする
 「サンプリング時間を長くする
 3.「目的部位にアーチファクトが重ならないように位相エンコード方向を調整する
 4.「生データにフィルタをかける」
  →SN比は向上するが、空間分解能は低下する
 5.「高空間周波数データを外挿する」
  →ただし特別なソフトウェアが必要

N/2アーチファクト

試9-31、8-31、11-8

参考書籍:撮像技術P177

EPI特有のアーチファクト
・位相エンコード方向にFOVの半分だけ位置ずれする

・原因
:「渦電流」「磁場の不均一

・対策
:「再シミングを行う」「渦電流の最小化

ミスレジストレーションアーチファクト

・血液のように動いているものが位相エンコードと信号読み取りまでの時間ずれによって位置ずれが起こる

・対処
:「位相エンコードから読取までの時間の短縮
位相エンコード方向にリフェイズ用傾斜磁場を印加

脳脊髄液信号の抑制不良(FLAIR像)

試13-37

 
・原因
:「長いTI

・対処
:「Acquision数を増やす
スライスギャップを大きくする
Inversionパルス幅を大きくする

コメント

error: Content is protected !!