安全性 SAR

スポンサーリンク

SAR(比吸収率)

試14-27、14-32、14-33、13-26、12-32、12-13、11-32、11-47、9-24、8-21、8-33、7-12、7-18、7-22、7-23、6-17、2-9、2-12、1-9、1-12
参考書籍:完全解説P509

・単位:[W/kg]

・SAR =  (σ・D・ω2・B2・R2・α2 )/20ρ
 σ:電気伝導率
D:RF(高周波パルス)のデューティサイクル
ω:周波数
B:RF(高周波)の磁場強度、静磁場強度
R:球体の半径(患者の大きさ)
α:フリップ角
ρ:組織密度

・D ∝「スライス数」「RFパルス時間」「1/TR

・電気伝導率は水分含有量の多い組織ほど高い
ETL少なくするとSARは下がる
水分含有量の少ない組織(脂肪、骨髄)では多い組織(血液、脳脊髄液)より小さくなる
人体の中心部よりも体表のほうが加熱されやすい

SAR上限値(ボリューム送信コイルの場合) (JISZ4951:2017)

・定義
6分間の一定時間で平均化された値
環境温度が25℃未満であることを想定している
・平均時間 6min
・操作モード毎の値

操作モード 全身SAR 身体部分SAR 頭部SAR 局所SAR
(頭部)
局所SAR
(体幹部)
局所SAR
(四肢)
通常 2~10 3.2  10  10  10 
第一次水準管理 4~10 3.2  20  20  40
第二次水準管理 >4  >4~10 >3.2  >20 >20 >40

・MR検査の比吸収エネルギー
最大エネルギー量(SAR×検査時間)は,リスクマネジメントによって制限しなければならない

・短期 SAR
任意の 10 秒間にわたる SAR 上限値が,既定値の2倍を超えてはならない

・局所SAR
一定時間に任意の身体組織10gにわたって平均化したSAR

患者の体温の上限値

操作モード 体内深部温度上限 [℃] 局所組織温度上限[℃] 体内深部温度上昇の上限[℃]
通常 39  39  0.5
第一次水準管理  40 40 1
第二次水準管理  >40 >40  >1

 

コメント

error: Content is protected !!