SE法 / SSFSE法

スポンサーリンク

SE法

試14-17、11-13、10-20、8-14、6-14、5-18
参考PDF

概要

・磁場の不均一に強い

・SE法で撮像する画像の種類
→ 「T2WI」「FLAIR」「プロトン密度強調画像」「T1WI」

・180°パルスは縦磁化成分横磁化成分を反転させる

・CPMG法を用いたSE法
→ 180°パルスが不正確でも数番エコーは正確なT2減衰を示す
→ 一度に多数のTEの異なったスピンエコー信号が得られる

・SE法の信号強度SI

SI∝ρ×(1-exp(-TR/T1))×exp(-TE/T2)  (ただしTR≫TEの場合)

ρ:プロトン密度
T1:縦緩和時間
T2:横緩和時間
TR:繰り返し時間
TE:エコー時間

シーケンスチャート

TEはチャート内のTの2倍の時間
180°パルスのみを取り除くとGRE法になる
流速補正用勾配が付加されている
AとBの面積は等しい

3D高速SE法

試8-14、6-14
・再収束パルス角を小さくする
→SARは低下
SNRは低下
画像コントラストは低下

・再収束パルスを非選択的パルスに変更した場合、最短エコー間隔がくなる

SE法と比較したときの高速SE法の特徴

試10-20
参考書籍:完全解説P231

軟部組織のコントラストが
→ 原因:「TE平均化」「MT効果

T2の長い組織の信号を強調する
→ 原因:「T2フィルタリング

・ブラーリング効果で画像がぼける

磁化率効果減少

MT効果

・脂肪高信号
→ 原因:「MT効果」「Jカップリング

パラメータと画像コントラスト

コントラスト  繰り返し時間TR エコー時間TE
T1WI  短い(100~1000ms) 短い(10~30ms)
T2WI  長い(2000~6000ms)  長い(60~200ms)
PDWI  長い(2000~6000ms)  短い(10~30ms)
高速SE  長い(10000ms)  長い(800ms)

T1WI、T2WI、PDWIでのパラメータ比較

コントラスト  繰り返し時間TR エコー時間TE フリップ角FA
T1WI  短い 短い  大きい
T2*WI 長い 長い 小さい
PDWI  長い  短い  小さい

 

 

シングルショットFSE法 (Single-Shot Fast Spin-Echo法:SSFSE)

概要

・SE法を超高速撮像にしたもの

・撮像する画像の種類:MRCP、MR urography、MR myelography、MR hydrography

・高速撮像のため、動きに強い
→ 動きのある胎児や蠕動運動のある腸管の輪郭描出に優れる

・非常に強くT2が強調された画像
→ 水のみが著名な高信号の画像になる
→ 非造影で胆道、膵管、尿路、脊椎管を描出できる

・画像が歪みにくい

 

コメント

error: Content is protected !!