SNR(NEMA)

試14-15、13-5、12-7、11-44、10-34、10-48、8-24、6-37、5-37、3-32

スポンサーリンク

①撮像条件などに関する要件

ファントム

受信コイルの中心に設置し、磁場中心で測定する
T1値:1200ms以下
T2値:50ms以上

使用コイル

RFコイルには人体とおよそ同等の電気的負荷を与えて撮像を行う
装置備え付けのBodyコイル、もしくは頭部系のボリュームコイルを用いる
受信コイルはシングルチャンネルのボリュームコイルを使用する

撮像条件

・室温およびファントムの温度
22±4℃

・TR
:信号発生物質のT1値の3倍以上

・TE
:臨床上一般的なシングルエコー

・スライス厚
10mm以

・FOV
:RFコイルの最大径の110%を超えないこと

・スピンエコー法における1st echoを推奨されるが、強制ではない
FSE法は使用してはいけない
・シングルスライスで軸位断とし、磁場中心とファントム中心が一致していること
・2回スキャンのうち、第1スキャンの終了から第2スキャンの開始までの時間は5分以内とする
・信号値を求める関心領域の大きさは、ファントムの信号領域中心の75%以上とする

②測定方法

A)差分法(real画像)

・ファントム法では差分法が最も精度が高い
・同一撮像条件で同一位置を2回連続で撮像した画像を用いて差分を行う
一方の画像における平均信号強度MSと、差分画像に設定した同一ROIにおける標準偏差SDSUBを用いる
SNR = (MS/SDSUB)×√2

B)バックグラウンド領域からノイズを求める方法(magnitude画像)

雑音値をバックグラウンドにおける標準偏差SDBGとする
SNR = MS/SDBG ×√((4-π)/2)
雑音値をバックグラウンドにおける平均信号値MBGとする
SNR = MS/MBG ×√(π/2)

③留意点

画像のノイズ分布により、算出方法が異なることに注意が必要

・パラレルイメージングでのSNR測定
5定点差分法を使用する
→ 空中で雑音を測定するのは望ましくない

位置によってSNR値が異なる(位置依存性)
ジオメトリーファクターに依存する

・基本的にSNRとCNRは相関する

コメント

error: Content is protected !!