第14回-問題23

第14回の問題23の正答がわかりません
みなさんの意見を聞かせていただけるとありがたいです
よろしくおねがいします

スポンサーリンク

問題文

脳血流を評価するためのArterial spin labeling(ASL)法に関する正しい記述はどれか
2 つ選べ

1. T2*強調像を利用する
2. 遅延血流がある場合には血管内信号が高くなることがある
3. Post labeling delay(PLD)timeは1秒以下に設定しなければならない
4. 血流に信号を与えるRFパルスの印加効率は,連続波の方が単独波より高い
5. 本法で得られる脳血流定量値はヘマトクリット値やヘモグロビン濃度によって変化する

回答

解説サイト掲示板を確認したところ、以下の回答パターンがありました

①2、4
②2、5
③2、4,5

考察

1. T2*強調像を利用する

T2*WIを利用するのはDSC法

よって、この選択肢は誤りだと考える

2. 遅延血流がある場合には血管内信号が高くなることがある

参考資料① 以下の記載あり
「ASL Perfusion画像で高信号を呈するものは,脳梗塞に関する病態としては梗塞後の再開通やぜいたく灌流,腫瘍では髄膜種や悪性度の高いglioma,てんかん発作後,偏頭痛,posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES),感染や炎症などがある。一方,低信号を呈するものは,脳梗塞に関しては虚血,ペナンプラ,てんかん発作後(発作間期),血管攣宿,腫瘍(低悪性度),leukoaraiosis,腫瘍壊死部などがある。」

よってこの選択肢は正しいと考える

3. Post labeling delay(PLD)timeは1秒以下に設定しなければならない

参考文献① Pxxxviiiに以下の記載あり

「通常は,スピンが脳皮質に到達するまでには 1 秒程度必要なため,PLD を 1.5 秒程度に設定すれば局所脳組織の灌流を反映した信号が得られることになる.当然ながら組織への到達時間は単一ではなく,組織や病態によっても変化することに注意が必要である.たとえば,PLDが到達時間よりも短い場合には,スピンが血管内に留まっているか組織に到達しない状態で信号収集されるため,灌流を正しく評価できない」

よって、この選択肢は誤りだと考える

4. 血流に信号を与えるRFパルスの印加効率は,連続波の方が単独波より高い

参考文献① 
問題作成者の意図が読み取れない問題
問題文中の「RFパルスの印加効率」という表現が何を示しているのかわからない
以上をふまえた上で考察してみた

問題文中の単独波がPASL法、連続波がCASL法だと仮定し、
PASL法(単独波)とCASL法(連続波)の比較をした
「ラベル効率」は、PASL法(単独波)>CASL法(連続波)
「S/N」はPASL法(単独波)<CASL法(連続波)

よって、判断不可能であった
「RFパルスの印加効率」とはいったい???

5. 本法で得られる脳血流定量値はヘマトクリット値やヘモグロビン濃度によって変化する

参考文献① P113にて以下の記載あり
「標識された血流が寄与するT1緩和速度の差(ΔR1)の程度が、組織の血流量を反映する」
「標識された血液の濃度を特定することができない

よってこの選択肢は誤りだと考える

コメント

error: Content is protected !!