SWI

スポンサーリンク

SWI (susceptibility weighted image:磁化率強調像)

試15-2、15-13、13-23、13-45
参考書籍:完全解説P295~
参考PDF①
○概要
磁化率効果を強調した画像
・T2*WIに位相画像を乗じて磁化率変化を強調する
微量な鉄沈着酸素飽和度(デオキシヘモグロビン量)の違いを描出できる
・磁化率効果の高い静脈構造を強調することで、髄質静脈や深部静脈系が明瞭に描出される
・静脈系の描出に適している
・TEが長いと静脈の描出が向上し、SNRは低下
・Gd系造影剤を用いると細い静脈が見えやすくなる
・高濃度酸素を投与していると静脈を過評価することがある

○パラメータの影響
・ボクセルサイズ
小さいほうが微細な磁化率の違いを捉えやすい

・静磁場強度
高いほうが微細な磁化率の違いを捉えやすい

コメント

error: Content is protected !!