新技術など

スポンサーリンク

Synthetic MRI

試15-13、14-22

参考PDF 参考HP① 参考HP②

○概要
撮像後に任意のコントラストの画像を計算によって生成する技術
・複数の信号パターンを同時に収集する
・後処理で画像コントラストを作成する
・T1値、T2値、プロトン密度(PD)に基づいてT1WI、T2WI、FLAIRや脂肪抑制画像のように特定の組織の信号値が抑制された画像など任意のコントラスト強調像を作成する技術
・画像の信号値の理論式を用いたシミュレーションやカーブフィッティングによって、組織定量値が導出される

MRF(Magnetic resonance fingerprinting)

試15-13、14-22

参考HP①  参考HP②  参考HP③
参考PDF①  参考PDF②

○概要
撮像パラメータを撮像毎にランダムに設定する
 →TRごとに異なるFAを設定する
・撮像後に任意のコントラストの画像を計算によって生成する技術
・最適化されたシーケンスにより得られる信号パターンから特定の組織の定量値を抽出する
・データベースとの比較及び推定によるシミュレーションによって、組織定量値が導出される

 

CEST MRI(Chemical exchange saturation transfer)

試15-13、15-32、14-22
参考書籍:完全解説P347~

参考PDF① 参考PDF②

○概要
化学交換飽和移動であるCEST効果を利用した技術
水素イオン指数(pH)の変化を捉えることができる
・CEST効果を表す指標としてMTRasymがある
・CESTによるpHマッピング法の種類
 ①APTイメージング:可動性蛋白やペプチドに含まれるアミドプロトンを検出している
 ②Iopamidol CEST:X線検査に用いられるヨード系造影剤イオパミドールを用いる
 ③PARACEST:常磁性体金属を用いる

静磁場B0の不均一は画像に大きく影響する

QSM(Quantitative susceptibility mapping)

試14-22

参考PDF 参考HP

○概要
・組織が持つ磁化率をマップ化する技術
磁化率を定量評価できる
・計測したMR画像の位相情報から生体組織間の磁化率差によって生じる空間的な磁場変化を算出する
・磁場と磁化率の関係式を用いて磁化率分布を算出する

コメント

error: Content is protected !!