第15回-問題12

第15回の問題12の正答がわかりません
みなさんの意見を聞かせていただけるとありがたいです
よろしくお願いします

スポンサーリンク

問題文

脂肪抑制法に関する正しい記述はどれか.2つ選べ.
1. 拡散強調画像には必要不可欠である.
2. モーションアーチファクト低減に寄与する.
3. Dixon 法の opposed phase 画像は脂肪組織が低信号になる.
4. CHESS(chemical shift selective)法は低磁場装置に不向きである.
5. STIR(short TI inversion recovery)法は脂肪の信号を選択的に抑制する.

回答

解説サイト掲示板を確認したところ、選択肢14もしくは24で意見が分かれています

考察

1. 拡散強調画像には必要不可欠である.
脂肪によるケミカルシフトアーチファクトの対策として,脂肪抑制法の併用が必須だと考えますが必要不可欠なのかはわかりません。

2. モーションアーチファクト低減に寄与する.
撮像技術改定2版P148~156
動きのアーチファクトのなかでも、周期的な動きによるアーチファクト(ゴースト)に関して次の記載があった。
「脂肪の信号強度が高くなるシーケンス(T1強調像や高速SE法T2強調像など)において、脂肪の周期運動がアーチファクト源になる場合(胸部、腹部、骨盤部など)に有効である。」
よってこの選択肢は正しいのではないかと考えます。

3. Dixon 法の opposed phase 画像は脂肪組織が低信号になる.
誤り ノート

4. CHESS(chemical shift selective)法は低磁場装置に不向きである.
正しい  ノート

5. STIR(short TI inversion recovery)法は脂肪の信号を選択的に抑制する.
誤り ノート

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!