基礎医学・解剖

基礎分野

腹部領域 / その他

上腹部 試13-10、7-7 参考HP① ・副脾は膵内にも存在する ・副腎は皮質と髄質に分かれている ・肝門とは左葉内側区(S4)と尾状葉(S1)の間隙である ・胆汁は肝臓で生成される ・後腹膜臓器 後腹壁の壁側腹膜より後方に位置する臓器 腹膜により後腹壁に固定されている この部位の臓器に炎症が起こると腰背部痛が起こりやすいという特徴がある 「腎臓」「十二指腸」「副腎」「腹大動脈」「膵臓」「下大静脈」「尿管」「胸管」 ・腹腔内臓器 腹膜で覆われていない 腸間膜をもっている 「脾臓」「胃」「小腸(空腸、回腸)」「虫垂」「横行結腸」「S状結腸」「卵巣」「卵管」 ・微妙な立ち位置の臓器 間膜は持っていないが、奨膜に大半を覆われていている 「上行・下行結腸」「直腸」「盲腸」「肝臓」 月経周期におけるMRI画像 試11-23、10-5 参考HP① ・月経期   子宮筋層の収縮が信号強度に強く影響する ・黄体期   子宮筋層と子宮内膜ともに信号強度が高くなる ・排卵前期   junctional zoneの蠕動の影響は大きい   排卵前期は子...
基礎分野

循環器系

心臓 試12-37 参考HP① 血管走行 試14-46、14-49、13-8、11-34、11-37、9-21、8-28、7-28、5-36 参考HP① 参考HP② 参考HP③  参考HP④ 参考HP⑤ ・Willis脳底動脈輪の構成血管 :「前大脳動脈」「前交通動脈」「中大脳動脈」「後大脳動脈」「後交通動脈」 ・眼動脈は内頸動脈から分岐 ・右総頚動脈は腕頭動脈から分岐 ・外頸動脈は総頸動脈から分岐 ・右椎骨動脈は右鎖骨下動脈から分岐 ・左椎骨動脈は左鎖骨下動脈から分岐 ・後下小脳動脈(PICA)は椎骨動脈から分岐 ・前脈絡叢動脈は内頸動脈から分岐 ・前脊髄動脈は椎骨動脈から分岐 主として脊髄の前2/3部に分布 ・外側レンズ核線条体動脈(LSA)は穿通枝である 穿通枝:脳内主幹動脈から分岐した細い動脈 ・肺静脈は左心房に還流する ・冠状静脈洞は右心房に開く ・下副腎動脈は腎動脈から分岐 ・右腎動脈は左腎動脈に比べてやや長い ・肝門部では,腹側から背側に向かって肝・肝動脈・門脈の順に並ぶ ・上腸間膜動脈は膵...
基礎分野

内分泌系 / 腎臓

内分泌腺とホルモンの主な作用 内分泌腺 ホルモン 主な作用 脳下垂体 前葉 ★成長ホルモン(STH、GH) ・成長促進(蛋白質合成促進、骨・筋肉・内臓の成長) ・脂肪細胞分解 ・血糖値上昇 ・睡眠中に多く分泌  ・欠乏→「小人症」「シモンス病」 ・過剰→「末端肥大症」「巨人症」 乳腺刺激ホルモン (PRL:プロラクチン) ・乳腺発達促進 ・乳汁分泌促進 ・排卵抑制 ・黄体活動の抑制 中間葉 メラニン色素刺激ホルモン(MSH) ・メラニン形成を促進して皮膚を黒くする 後葉 ★オキシトシン (OT:子宮収縮ホルモン) ・乳腺取巻く近上皮細胞を収縮させ乳汁を放出 ★バソプレッシン(VP)        (ADH) ・腎臓に働き水の再吸収を促す(抗利尿作用) ・血管を収縮させ血圧を上昇させる ・欠乏→「尿崩症」 間脳 視床下部 ・成長ホルモン抑制ホルモン(ソマトスタチン) ・プロラクチン放出ホルモン(PRH) ・プロラクチン抑制ホルモン(ドーパミ...
基礎分野

頭部

頭部 試15-33、13-8、12-40、10-32、6-39、5-24、5-39 ・黒質  メラニン色素を持つ  赤核の側方に存在する ・血液脳関門は脳室周囲器官(松果体、脳下垂体、最後野など)には存在しない ・レンズ核の構成 :被殻と淡蒼球 ・錐体路 随意運動を支配する神経の主要経路 経路↓ 「中心前回」→「内包後脚」→「中脳の大脳脚」→「錐体交叉」→「脊髄」 ・中枢神経系の構成 :「脳」「脊髄」 ・脳幹の構成 :「中脳」「橋」「延髄」 ・脳神経核 :中脳(動眼、滑車)、橋(三叉,外転,顔面,内耳)、延髄(舌咽,迷走,副,舌下) ・モンロー孔 :側脳質と第3脳室の間にある ・内耳道内部の神経束を構成するもの :「顔面神経」「蝸牛神経」「上前庭神経」 ・内耳では、前庭と三半規管が平衡感覚、蝸牛が聴力を分担している 大脳皮質 ・一次運動野は中心溝の前方に存在する ・中心溝は前頭葉と頭頂葉の境界である ・葉の区分 葉 代表部位 ① 前頭葉 A 前頭連合野 B ブローカ言語野 ...
基礎分野

関節 / 脊椎

肩関節 試14-44、12-38、11-46、10-29、9-29、8-39、7-16、6-4、5-35、4-3 参考PDF①  参考PDF②  参考HP① 参考HP②    参考HP③         参考HP④ ・肩関節腱板の構成 :「肩甲下筋腱」「棘上筋腱」 「棘下筋腱」「小円筋腱」 ・肩甲下筋 起始:肩甲骨の肩甲下窩  停止:上腕骨の小結節 ・棘上筋 起始:棘上窩       停止:上腕骨の大結節 ・棘下筋 起始:棘下窩       停止:上腕骨の大結節 ・小円筋 起始:肩甲骨の後面    停止:上腕骨の大結節 ・最も断裂が生じやすい腱:「棘上筋腱」 ・棘上筋腱の観察: 中間外旋位の脂肪抑制T2WIの斜冠状断面が観察しやすい ・インピンジメント症候群 :上腕骨頭と腱板が鳥口肩峰アーチに衝突することで生じる ・Hill-Sachs病変  上腕骨側の圧迫骨折  骨髄浮腫を示す ・Bankert病変  肩関節脱臼に伴う関節唇の損傷  反復性の肩関節脱臼の原因となる ・SLAP病変  関節唇上部に見られる損傷  投球などの...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!