過去問検討

磁気共鳴専門技術者試験について

過去問の解答一覧

過去問の解答を一覧にしました この表が全て正しいとは断言はできませんが参考になれば幸いです 今後、第15回分を追加予定です ○参考 解答一覧を作成するに当たって以下の3点を参考にしました ・解説サイト ・掲示板 ・私自身が出席した直前対策講習会の講義内容 正答の信頼度としては直前対策講習会>解説サイト、掲示板としています ○過去問について 過去問はこちらからPDFでダウンロードできます 正答は公表されていません 臨床写真は個人情報保護の観点から、また法規問題は時代とともに変化するため公開を控えています 解答一覧 表1 過去問解答一覧(5回~13回) P1/2  表2 過去問解答一覧(5回~13回) P2/2 表3 過去問解答一覧(14回) ○表の見方 白色:解説サイトの解答で納得が出来る 黄色:asagohan個人の考え(解説サイトと異なるor解説サイト自信なし) 青色:直前対策講習会の講義内容より ※1:図非公開 ※2:非公開 ※3:公式では問題非公開。解説サイトでは本文のみ掲載。 ※4:公式では...
過去問検討

第14回-問題23

第14回の問題23の正答がわかりません みなさんの意見を聞かせていただけるとありがたいです よろしくおねがいします 問題文 脳血流を評価するためのArterial spin labeling(ASL)法に関する正しい記述はどれか 2 つ選べ 1. T2*強調像を利用する 2. 遅延血流がある場合には血管内信号が高くなることがある 3. Post labeling delay(PLD)timeは1秒以下に設定しなければならない 4. 血流に信号を与えるRFパルスの印加効率は,連続波の方が単独波より高い 5. 本法で得られる脳血流定量値はヘマトクリット値やヘモグロビン濃度によって変化する 回答 解説サイトや掲示板を確認したところ、以下の回答パターンがありました ①2、4 ②2、5 ③2、4,5 考察 1. T2*強調像を利用する T2*WIを利用するのはDSC法 よって、この選択肢は誤りだと考える 2. 遅延血流がある場合には血管内信号が高くなることがある 参考資料① 以下の記載あり 「ASL Perfusion画像で高信号を呈するも...
過去問検討

第14回-問題5

第14回の問題5の正答がわかりません みなさんの意見を聞かせていただけるとありがたいです よろしくおねがいします 問題文 受信コイルの半径を r,共鳴周波数をωとした場合,信号強度を表す関係式はどれか ※ノイズは無視する 1. 𝑟𝜔2  2. 𝑟2𝜔2 3. 𝑟3𝜔2 4. √(𝑟𝜔)  5. 𝜔√𝑟 考察 解説サイトや掲示板を確認したところ、正答は3. 𝑟3𝜔2となっています しかし、こちらの参考資料では2. 𝑟2𝜔2についての記載があります
過去問検討

第14回-問題48

第14回の問題48の正答がわかりません みなさんの意見を聞かせていただけるとありがたいです よろしくおねがいします 問題文 MR画像を以下に示す 描出されているものはどれか 3つ選べ 選択肢 1. 海馬 2. 被殻 3. 大脳脚 4. 視神経(視索) 5. 三叉神経 回答 解説サイトや掲示板を確認したところ、以下の回答パターンで意見が分かれています ①1,2,3 ②1,2,4 ③1,2,5 ④2,4,5 問題の画像の断面がObl-Corのため意見が分かれやすいのでしょうか?? 参考画像 参考画像として頭部T2WIの冠状断の解剖探しましたがちょうどいいものが見つかりませんでした そのため、参考程度にこちらのサイトから横断像を載せておきました  
過去問検討

第14回-問題41

第14回の問題41の正答がわかりません 心臓領域について詳しい方おられましたら教えていただけないでしょうか? みなさんの意見を聞かせていただけるとありがたいです よろしくおねがいします 問題文 心臓のMRI検査に関する正しい記述はどれか 2つ選べ 1. たこつぼ型心筋症は強い遅延造影効果を示す 2. 心臓サルコイドーシスの好発部位は心筋内層である 3. 心アミロイドーシスは心内膜下にびまん性の遅延造影効果を示す 4. 遅延造影心筋の範囲が 30%未満であれば心筋バイアビリティありと判定する 5. 陳旧性心筋梗塞の遅延造影像は内膜下から外膜側へと広がる造影増強効果を示す 回答と考察 正しいものを2つ選べとなっていますが、解説サイトや掲示板では3,4,5の3つが正しいと記載されています 各選択肢について調べてみたところ、私も3,4,5の3つが正しいのではないかと思いました 1. たこつぼ型心筋症は強い遅延造影効果を示す  参考文献① P373にて以下の記載あり  「たこつぼ型心筋症では,遅延造影MRIにおいて遅延造影がみられないことが特徴とされてき...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!